POSシステムをお店の経営戦略に役立てるコツを知ろう

婦人

事務所はいらない

ビル

低価格で設立

中国経済の伸びは止まることを知らず、まだまだ拡大しています。毎年日本を訪れる中国人観光客も増え続けていて、日本製品は中国富裕層に大人気です。中国は13億人の人口を抱える世界最大のマーケットであるのです。中国はインフラが整備されていて、ビジネスを行うのに最も可能性に満ちた市場と言えます。そして中国で本格的にビジネスをするには、会社を立ち上げる必要があります。しかし中国で会社を立ち上げるのは複雑な手続きがあり、資本金もかなりの金額を用意しないといけないのです。しかもいったん立ち上げると引き上げるのが難しいのです。こういった難題があるので、中国ビジネスをあきらめてしまうというのはもったいないです。それなら中国本土が難しければ本土より近く、会社設立が比較的簡単な香港で行えばいいのです。香港は中国領土ではありますが、一国二制度により中国本土とは異なる制度により運営されているのです。そして経済活動については本土より、遥かに裁量があり規制が少ないのです。そのため中国ビジネスを行うために、香港で会社設立する日本人が増えているのです。ただ香港で会社設立するために事務所を借りようとすれば、その賃料の高さがネックになります。さらに事務所を構えて従業員を雇うのに、かなりの人件費がかかってしまうのです。このコストが経営を圧迫してしまうので、ためらう起業家の方も出てくるのです。しかし香港で会社設立するには必ずしも事務所は必要なく、香港の住所をレンタルして会社を作る方法があるのです。これなら安く会社を作ることが可能なのです。香港で会社設立に興味がある人は、専門のコンサルタントに相談するのが成功への近道です。実績のある香港会社設立のコンサルティングサービスなら、複雑で面倒な会計業務から様々な手続きを行ってくれます。また日本語で対応してくれるので言葉の壁もなく利用しやすいのです。